blog-HOTEI-mode

http://hoteimode.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の耳

iPodなどの普及で、ここ数年ヘッドフォンやイヤフォンがよく売れているようです。自分はWALKMAN、MDウォークマン、ディスクマン(CDウォークマン)など中学生の時から愛用しており、それなりに拘ってはきてました。ただ、MP3に代表される圧縮された音に関してはアンチで、頑なにポータブルミュージックプレイヤーはCDウォークマン派でした。理論上、人間の耳に聴こえないとされる音をカット、というのがどうにも受け入れがたく、聴こえないとされる音こそが音の響きや艶、ニュアンスを与えているんじゃないのか?と思ってきたわけです。また、iPodの音を聴いて、とてもじゃないけど受け入れることはできませんでした。単にiPodのアンプが貧弱なせいっていうのもあるんでしょう。他のSONYやKENWOOD、東芝、iAudioを製造しているメーカーのプレイヤー方が明らかにイイ音はしていると感じました。しかし、Appleの製品は物欲を刺激します(笑)こればっかりはしょうがないですね。そのジレンマのせいで、なかなかポータブルデジタルオーディオプレイヤーには手を出せないでいました。

しかし、去年発売されたUltimate EarsのTriple.fi 10 PROという高級イヤフォンを手に入れてから考えが変わってきました。

自分は左右の耳の穴の大きさが違うので、カナル型(耳栓)のイヤフォンしか使いません。以前はSONYのMDR-EX90SLというイヤフォンを使用しており、それなりに満足していたのですが、音漏れが酷く、遮音性も低いという欠点がありました。上位機種でMDR-EX700SLが発売されて買い換えようかと思いましたが、気軽に乗り換えれるような値段でもなく、ここまで出すくらいなら、SHUREなどの高級イヤフォンに手を伸ばしたほうがいいかなと思ったわけです。しかし、SHUIREは音はいいとして、断線しやすいという致命的な欠点があります。

そこで出会ったのが
10pro
Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO

イヤフォンとは思えないほどダイナミックかつ解像度の高い音にビックリしました。そして、イヤフォン部分とケーブル部分が取り外し可能で、もしケーブルが断線しても3000円ほどでケーブルのみ購入すれば元通りになるのです。プロのステージ用の製品を手がけてきたメーカーならではの仕様です。

付属のイヤーチップは、自分の耳には合わなかったので、別途このイヤフォン用に作られているコンプライ低反発ポリウレタンチップ T-500を装着しました。この組み合わせは本当にオススメです。

このイヤフォンは本当によく鳴らしてくれるので、iPodでもそれなりにイイ音で聴かせてくれるので妥協してもいいと思えてきました。今は適当に遊びで購入したCOWONのD2TVで使用してます。

値段以上の価値あるイヤフォンですので、思い切ってグレードアップを考えている方、候補にいれてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

再始動

随分と長いこと放置気味で申し訳ありません。

色々と忙しく、布袋ファンやめてしまったんじゃないか?冷めてしまったんじゃないか?なんて思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。FUNKY PUNKY TOUR、beat crazy members only、東大寺とライブには欠かさず行って楽しんでおります。ただ、なかなか都合がつかず回数などは減ってしまってはいますが。。。

私事ですが、つい先日、引越しをしまして、パソコン等の環境もガラリと変わり、ようやく本腰をいれられるようになりました。キーボード、マウス、コントローラー、プリンタ全てワイヤレスになりモニタも大きくして快適になりました。ネットもようやくADSLから光になりましたし、パソコンもパワーアップしたので重いソフトも今までと比べてストレスなく動作する上に、複数のソフト立ち上げていても重くなることありません。アイデアは思いつかなくとも、自然とやる気だけは出てきますよね。

先日の東大寺のライブは素晴らしかったですね。日本人だからでしょうか、東大寺にいるだけで心が落ち着き、それでいてどこか背筋を伸ばしたくなるような。だから普段のライブのテンションとは全然違う気持ちでのぞみました。過去・現在・未来というテーマ、バンドのメンバー、ゲスト参加という要素から自分なりにライブのイメージはできていて、曲目などは結構予想通りでしたが、照明やサウンドには衝撃を受けました。演奏された曲の中で特に印象的だったのは中丸さん参加のSTRANGE VOICE。鳥肌が立ちました。また、CGを担当された河口洋一郎さんと布袋さん、秋元康さんのシンポジウムで「東大寺が躍動していた」というコメントが出てましたが、まさにその言葉通りでしたね。

BSでの放送、作品としての発売が大変楽しみです。

GUITARHYTHM BOXの発売も楽しみですし、年内は、ワクワクしつつhoteimode.netのリスタートに向けてがんばります。GUITARHYTHM再始動することですし、タイミングばっちりです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

P.S
東大寺でのDEVIL'S SUGARには焦りました。
ひょっとして、やり直し?とか思ってしまいましたが(^^:)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
SEARCH

LINK
Recent TrackBacks
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。